お知らせ

「ワールドマスターズゲームズ2021関西プレ大会 令和2年度全日本カヌーマラソン選手権大会」大会成功の御礼

 10月23日(金)~25日(日)まで、京丹後市久美浜湾カヌー競技場にて、「ワールドマスターズゲームズ2021関西プレ大会 令和2年度全日本カヌーマラソン選手権大会」を開催いたしました。
 大会には90名を超す参加者に来ていただき、皆様のおかげで大変盛大なイベントとすることができました。

 カヌーマラソンという競技はまだまだポピュラーではなく、今回の選手権大会が日本で初めて開催された公式の大会です。アジア初の日本で開催される「ワールドマスターズゲームズ2021関西」では、京丹後市の正式種目として実施され、大会当日はカヌー元世界チャンピオンや京都府知事など、たくさんの方々に出場いただく予定です。

 今回の選手権大会では、1周3kmの水上コースを漕いだ後、「ポーテージエリア」という陸上に設置された100mのランニングエリアを、カヌー艇を担いで走る競技コースを設定しました。ポーテージエリア横は観戦席となっており、選手が走り抜けるたびに、応援の声や、大きな歓声が聞こえていました。また、選手が走り抜ける際、事前にアンケートで提出いただいた気分がアガる音楽をBGMで流し、会場全体が盛り上がる仕掛けに、選手も観客も喜んでいました。
 自分の体より大きなカヌー艇を担ぎ走るポーテージエリアでは、稀に足を滑らせ、こけてしまう選手もいましたが、そういったハプニングもカヌーマラソンの醍醐味と感じました。
 大会の様子はYouTubeでライブ配信をしておりましたが、近日中に編集した動画をアップロードいたしますので、ぜひチェックしてみてください!!

 大きなケガをした選手もいらっしゃらず、大会は無事成功し、会場の盛り上がる熱も冷めやらぬ中で幕を閉じました。これも偏に、参加者の皆様やご来場の皆様、大会関係者の皆様、また地域の皆様のおかげです。
 カヌー競技の新たな種目「カヌーマラソン」に、カヌー競技界の振興と可能性を感じる大会でした。
 また、京丹後で皆様にお会いできることを楽しみにしております。皆様ありがとうございました!

ポーテージエリアをカヌー艇を担いで走る選手たち
チャンピオンの貫禄
絶好のカヌー日和でした
スフラも応援に駆けつけました
ポーテージを走り抜けた後はまた漕ぎだします
給水の仕方もさまざま
集合写真(24日シングル)
集合写真(25日ペア)
お知らせ一覧に戻る